« ハノーファー市内をめぐる | トップページ | ハンブルク調査 »

2014/11/16

ハノーファーからハンブルクへ

ハノーファー中央駅12:36のICEは定刻より15分ほど遅れて到着。ホームでの案内が違う列車になっているので、発車番線を確認すると8番線が7番線に変更になっていた。車内ではPCをひろげてハノーファーのまとめ。14時15分過ぎにハンブルク中央駅に到着。

141116_img_0762

ハンブルクには2003年のコペンハーゲンからシュツットガルトまでの調査出張で途中立ち寄ったのと、2005年の在外研究中にルール大学の同僚で当時ハンブルクでも仕事をされていたエレンさんを訪ねたのと、二回来ている。当時エレンさんと駅のどこで待ち合わせるかという話をルール大学の研究室でしていたときに、私が2003年の時にとった写真を見せながら話をしたのが懐かしい。

方向の勘違いもあったりして、駅をぶらぶらしながらホテルの方に向かう。外に出ると雨が降っていて、iPad miniの地図をみながらホテルの通りを確認。ホテルは、明日ハンブルクを発つときの利便性を考え、最終の訪問先からも荷物をピックアップして駅に向かいやすいところがいいと考えていた折に、その訪問先の方から勧められたところを予約していた。ちょっとアンティークでいい感じ。

141116_img_0765
15時前にはチェックインを済ませ、部屋で休憩しつつ次の予定に備える。今回、ハンブルクには環境関連の調査に加え、慶應義塾大学文学部社会学専攻の同僚・岡原正幸先生がハンブルクに留学で滞在されており、お会いすることになっていた。当初はハンブルク中央駅で16時に待ち合わせの予定だったのが、このあたりにお詳しいということで、ホテルのロビーまで来ていただけることとなった。

3月の送別会でお見送りして以来、お元気そうな岡原先生と再会。近くの夕食を食べにでかける。周辺は人気のお店が多く、今回連れて行ってくださったお店も結構混んでいた。雨の日曜日ということもあったのだろう。岡原先生とは結局19時半過ぎまで、3時間半にわたり、ハンブルクをはじめドイツでの生活の話を伺ったり、専攻の運営の話をしたり、非常に有意義な話ができたと思う。

ホテルに戻ってメールを数本書き、雨もあがったし少し散策にでかけてもいいかなとも思ったけれど、ドイツに到着してからの二晩、睡眠時間が少なかったこともあったのか、そのまま20時頃には寝てしまい、気づけば深夜の1時過ぎ。ジェットラグもあるのか、目がさえてしまった。起きて仕事をしようかとも思ったけれど、今日のスケジュールはハードなので、横になったまま休み、それでもそのうち起きてしまった。

« ハノーファー市内をめぐる | トップページ | ハンブルク調査 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ